プリンタインク 社外品

スポンサードリンク

プリンタインク 社外品

番外編ですが、プリンタインクについて少し触れます。

 

本来は純正品を使うのが一番いいのは最初にお断りしておきます。

 

それに、新品購入から1年間の保証期間は、社外品のインクを使うと保証が受けられませんからご注意。

 

ここからは自己責任ですが

 

私はずっと社外品を使っています。

 

E社の8千円で買ったカラープリンタ。

 

E社の純正インクは6色で5,800円

 

社外品のインクは6色で1,750円

 

その差額は4,000円にも。

 

断然社外品が安いわけですね。

 

つまり、純正インクを2回買えばメーカーとしてはプリンタの元が取れるのです。

 

プリンタ本体の価格は安くして、高い純正インクで儲けるというビジネスモデルができているのです。

 

これは戦略であり戦術としてのビジネスモデルです。

 

その証拠に、大容量インクを採用したプリンタは、同程度のプリンタが3万円から5万円します。

 

インクで儲けることができないからですね。

 

ユーザーにとっては、社外品のインクを使うことは違法でもなんでもありません。

 

そういう規約もありません。

 

なので、自由に社外品インクを使って支障ありません。

 

印刷の質も良いです。

 

高品質の印刷をしたいときは、写真専用紙を使い、「高品質」を選んで印刷すれば良いだけです。

 

プリンタヘッドの詰まりもありません。

 

いくら安いインクと言っても、低品質のインクを販売していると信用に関わりますから普通に印刷できる品質にはなっています。

 

インクジェットプリンタのヘッド詰まり対策

純正インク、社外品インクを問わず

 

使わないときもプリンターの電源を入れておくと良いです。

定期的にヘッドクリーニングが自動的に行われるからです。

 

私は、在宅で仕事をしているので、朝8時にプリンターの電源を入れ、夜8時頃に電源を切ります。

 

日中は仕事で外出している方は、夜帰ってきてプリンタの電源を入れ、寝るときか翌朝電源を切る。これがおすすめです。

 

以前使っていたC社のプリンタは、印刷しようとプリンタの電源を入れると、5分から長いときは10分ほどカタカタとヘッドのクリーニングをしていて、1枚印刷したいだけなのにイライラしました。

 

故障でE社に買い替えたのですが、常時電源を入れておくことで、印刷したいときにすぐに印刷できます。

 

インクの減りも、却って少ないくらいです。

 

たまに電源を入れて長時間のヘッドクリーニングをされるより、定期的に(感覚的には1日に1回か2回)短時間のヘッドクリーニングをされるほうが、インク消費量が全然少ないようです。

 

 

たとえばこういう社外品は、よく使っています。

 


【LxTek】Epson用 エプソン ITH-6CL インクカートリッジ 6色セット イチョウ インク ITH『互換インク/2年保証/大容量/説明書付/残量表示/個包装』 対応機種:EP-811AB EP-811AW EP-709A EP-710A EP-711A EP-810AB EP-810AW

 

 

あくまでも参考ということで。

 

自己責任で社外品プリンタインクをお使いください。

 

1年の保証期間が過ぎたあとに使うことがおすすめです。

 

万一、故障すればまた安いプリンタを買えばいいだけですから。

 

スポンサードリンク
page top