年賀状の作り方TOP

スポンサードリンク

年賀状印刷 無料

年賀状印刷ソフト

年賀状の印刷を外注する方でも、あて名を書くのは自分ですよね。
多くの方は、あて名書きソフトを使っています。
パソコンに付属してくるものを使っている方も多いでしょう。

 

 

あて名書きソフトのいいところは、あて名の一人一人にチェックする場所があって、今年は喪中だから出さないとか、もう3年も年賀状が来ないから出すのを止めようとかいうときに、印刷するときにチェックをつけたあて名を印刷しないことができるのです。

 

 

そして、年賀状が来た人、年賀状を出した人を年ごとに個別にチェックをつけておくことができるのです。これをみると、この人からはもう何年も来ていないということが分かります。

 

 

市販のあて名書きソフトは、筆まめ、筆王、筆ぐるめ、筆自慢などが人気です。
正直、どれを使ってもいいと思います。
私は筆ぐるめを使っています。

 

一覧を出しておきますね。

 

 

 

これらのソフトは、まずは住所録を作ります。
他のソフトの住所録やCSVファイルを取り込んだりできますから、最初から入力しなおしということはないはずです。

 

 

年賀はがきの表示でプレビューしながら住所・氏名の訂正ができて便利です。
あて名書きソフトは、年1回しか使わないけれど、一度使うととても重宝しますね。

年賀状 印刷 無料記事一覧

年賀状の印刷も今はネットで頼むのが一般的です。郵便局の年賀状印刷サービス。信頼性が高くて人気です。インターネットでのお申し込み期限 令和2年12月27日(日)受付分まで年内にお届けいたします。(宛名印刷のお申込みは令和2年12月23日(水)までとなります)種類はいろいろあります。10枚単位で印刷できます。料金の例2020年10月5日現在です。料金表特選仕上げ特選箔1〜10枚6,810円5,060円...

スポンサードリンク
page top