番外編 退職挨拶状の作り方

スポンサードリンク

番外編 退職挨拶状の作り方

長年勤めた会社を退職した後は、主に会社でお世話になった方々へ最後のご挨拶をします。これも年賀状作成ソフトを活用して作りましょう。

 

文面は次のようなものが一般的です。
「私○○○○は ○年○月○日をもって定年退職しました
皆様方にはその後もお変わりなくお仕事に励んでおられることと思います
在職中はいろいろとお世話になり厚く御礼申し上げます
また 退職に際しましては温かいお心遣いをいただき有難うございました
今後は一個人として皆様方のご活躍を見守っていきたいと思います
つきましては 何卒今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずはお礼方々ご挨拶申し上げます

 

令和○年○月○日
住所 ○○○○
氏名 ○○○○ 」

 

出すタイミングは、退職後1カ月ほどたってからがちょうどいいと思います。
出す相手は、おおむね年賀状を出す相手です。

 

これも筆ぐるめで作るのが便利です。
年賀状の住所がすでに入っていますから、案内面を作るだけです。

 

まずは無料の体験版で試してみては。
⇒ 筆ぐるめ無料体験版

 

公式サイトはこちらです。
⇒ 年賀状・ハガキ作成ソフト「筆ぐるめ」

 


 

リンク先サイトのページ構成がひんぱんに変更になります。
2020年10月28日現在です。

 

無料体験版は15日間使えます。
⇒ 筆ぐるめ無料体験版

 

 

役職のあった方で、手作りハガキではどうも具合が悪いという方は、印刷がおすすめです。
ただ、手作りハガキというのも温かみがあっていいものです。

 

ネットで印刷を注文するときはこちらが便利です。
⇒ 退職挨拶状の印刷
⇒ 女性らしい清楚なデザイン♪退職挨拶状

 

 

スポンサードリンク
page top